【悩み】小学3年生で毛深いのに悩んでいる我が子、どうしたらいいの?

小学3年生ぐらいになると、回りもよく見えてくるので、
私は人より毛が濃いかもしれないと、悩む子もいるようです。


男の子だったら、毛深くても気にしないでしょう。
むしろ毛が薄い方が、コンプレックスになるのかもしれません。


けれど、女の子は違うようです。
普段活発で元気な子でも、こと毛のこととなるとナーバスになるのです。


友達と比べると目立つと気にして、
肌を露出することを極端に嫌がったりする子もいるようです。


これから小学校高学年になるにつれ、思春期を迎えると、
ホルモンの影響で、一時的に毛が濃くなってきます。

ですので、お子さんが気にするからといって、
刺激の強い脱毛剤や、除毛剤を使わないほうがいいでしょう。


今処理したとしても、永久脱毛をしない限り、
処理は永遠に繰り返さなければいけないのです。


小さいうちから肌に刺激を与え続けることを考えると、
使うのも躊躇してしまいますよね。


ですから脱毛を考える前に、お子さんの目を、
他のことに向けさせてあげるのがいいのかもしれません。


勉強でも、スポーツでも、習い事でも、何かに打ち込み夢中になると、
毛深い悩みなどどうでもいいと思えてくるのではないでしょうか。


また、一生このまま毛深いのだろうか?という漠然とした恐怖が
お子さんを悩ませているのかもしれないのです。


大人になれば毛深さを解消する方法はいくらでもあるから大丈夫!
と話し聞かせてあげるだけで、案外安心するのかもしれませんよ。



タグ /
娘が毛深いことを気にしだしたのが五年生のころです。
皮膚科にいっても高額のクリニックを案内されるだけでした。。

子どもなのでエステでの脱毛はさせなくない。

できれば自然に薄くなる方法はないか。
そんな時にママ友が教えてくれたのが下記の商品です。


子供がムダ毛を気にしだしたらお肌にやさしいムダ毛対策ジェル


気長にやる必要はありますが、1ヶ月目くらいから
徐々に薄くなってきた感じがします。


除毛パフだと肌を痛める心配がありますし、
ちょっとお高いですが、結果的にこのジェルを使って
良かったと思っています。

(色々と試したのですが、このジェル以外で効果を確認できた天然成分の脱毛ローションは他に なかったので。)

人によって合う合わないがあるかもしれませんが、
返金保証があるので一度試してみてもいいかもしれません。

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。